トップ / 結婚後も別々の姓の訳

結婚式の引き出物の情報

結婚と夫婦別姓について

結婚に伴う変化の一つにどちらか一方の姓が変わるということがあります。昔の法律で夫婦になると、女性が男性の姓を名乗ることになっていましたが、現在はどちらの姓を名乗ってもよいことになっていますが、昔の法律の名残で今でも多くの場合、女性が男性の姓を名乗っているのが現状です。女性は自分の姓を変えたくないと思っても、男性本人やその両親が息子が養子になるのを嫌うため、しかたなく男性の姓を名乗る人も少なくありません。どちらかの家の籍に入るのではなく、お互いが姓を変えず、夫婦別姓を選べるようになれば、嫁、養子などという昔ながらの因習にとらわれることなく、両方の家から独立した形で新しい家庭の形ができるでしょう。

夫婦別姓について考える

日本の民法では、男女が結婚をした時には、どちらか一方の姓を名乗ることになっています。そして、そのうちのほとんどが男性の姓を選ぶことが多いというのが現状です。しかし、女性が社会進出にするにしたがって、女性が姓を変えることで、仕事上不都合が生じることが出てきました。そのため夫婦別姓を希望する考えの人も次第に増えたようです。現在は、夫婦別姓を希望する場合、入籍しても職場では旧姓のまま仕事をしたり、もしくは事実婚をえらび入籍をしないという結婚の形を選ぶ人も多いようです。そんな状況をうけて、国では姓を選択するという事案も検討されているようです。